Blog&column
ブログ・コラム

庭木剪定の範囲とは?

query_builder 2021/08/08
コラム
26
庭木剪定用のハサミが売られているものの、範囲が広すぎて剪定できないこともあるでしょう。
今回は、庭木剪定の範囲についてご紹介します。

庭木剪定は範囲を考慮
庭木剪定する際は、範囲の考慮が大事です。

■自分で対応できる範囲内か
家のに木があると言っても、ご家によって木の大きさも違えば本数も異なります。
最近は自分で手軽に剪定できる庭木用の剪定ばさみが売られていますので、庭木の数が少なければ、ご自身で剪定するのもいいでしょう。
けれど、が広くて庭木が多かったり、大木の場合は剪定する範囲が必然的に広がります。
そうなると、とても一人で庭木剪定を行うのは困難です。

剪定の範囲が広い場合は注意すべきことも
の広さや木の大きさのどちらにも共通するのが、自分で剪定を始めたものの、なかなか終わらない時です。
重い剪定ばさみを持っての作業は、時間が経てば経つほど疲れてきます。
疲れてくるとどうしても注意力が散漫になり、思わぬケガにつながる可能性があるのです。
自分でできると考えて剪定を始めたものの、なかなか進まない時や、想像以上にしんどい作業だと感じたときは、速やかに中断し、プロに任せた方がいいでしょう。
大きなケガをしてしまい、後で後悔することを防げます。

▼まとめ
剪定バサミがあれば、自分で剪定できるとはいえ、仕上がりを考えると適切な剪定が不可欠です。
思わぬケガのリスクもありますので、あらかじめしっかり見極める必要がありますね。
弊社は、熟練の技を持つ職人が範囲を見極め、剪定を行います。
庭木剪定のことなら、弊社にお任せください。

NEW

  • の雑草対策について

    query_builder 2021/04/09
  • DIYで芝生の作りをする方法

    query_builder 2022/05/03
  • 仕事として剪定を行う際に必要な資格

    query_builder 2022/04/01
  • 初心者が剪定するコツ

    query_builder 2022/03/15
  • キンモクセイの剪定のコツは?

    query_builder 2022/03/01

CATEGORY

ARCHIVE