Blog&column
ブログ・コラム

植木の手入れの種類をご紹介

query_builder 2021/05/17
コラム
13
植木は放置すると、枝や葉が伸び切ってしまいイマイチな見た目になってしまいます。
そのため植木は、定期的に手入れをする必要があります。
では植木はどのように手入れをすればいいのでしょうか。
今回は植木の手入れの種類をご紹介します。

▼刈り込み
中途半端に伸びている枝を切り取る方法で、形を綺麗に保つことができます。
一気に切ってしまうと失敗しやすいので、少しずつカットしていくのがポイントです。

▼切り戻し
枝を半分?1/3程度切り落とし、樹幹を保つ方法です。
切りすぎてしまうと、細かい枝がたくさん出る恐れがあるので適度に切りましょう。

▼透かし剪定
伸びすぎてしまったり、密集しすぎた枝を適度に剪定する方法です。
枝の密度をなくすことによって、風通しや日当たりがよくなるので植木にいい影響を与えます。
人間で言うと、量の多い髪の毛を梳くイメージです。

▼芽摘み
針葉樹などに新しく出てきた芽を手で摘む方法です。
芽を摘むことによって、枝の成長を抑えられるので樹形を綺麗に保てます。
自宅のでよく植えられる松は、春頃に出た新芽を6月あたりに摘むといいですよ。

▼まとめ
植木は手入れをせずに放置してしまうと、どんどん伸びてしまいます。
伸び切った植木はみっともなく見えてしまうので、できる範囲で手入れをおこなうのがおすすめですよ。

また当店では、植木の手入れを承っています。
経験豊かなプロが対応しますので、植木の手入れでお困りの方はお気軽にお問い合わせくださいね。

NEW

  • の雑草対策について

    query_builder 2021/04/09
  • 木の消毒はどのように行えば良いの?

    query_builder 2021/08/01
  • 草刈りの手間をできるだけ減らしたい時は?

    query_builder 2021/07/22
  • 業者に除草してもらう時の費用はどのくらい?

    query_builder 2021/07/15
  • 除草剤を撒いても子供に害はない?

    query_builder 2021/07/08

CATEGORY

ARCHIVE