Blog&column
ブログ・コラム

基本的な剪定の種類について

query_builder 2021/04/20
コラム
5
剪定にはさまざまな種類があり、木の種類や状態、時期によって適した剪定は異なります。
プロが剪定する際にはいくつもの剪定の方法を使い分けますが、自分で剪定する場合は基本的な方法を覚えておけば問題ありません。
そこで今回は、基本的な剪定の種類について解説していきます。

▼間引き剪定
間引き剪定とは、不要な枝を根元から切り枝の数を調整する方法です。間引き剪定をすることで木の内部の日当たりや風通しを良くすることができます。
枯れた枝を切る程度ではそれほど木に負担はかかりませんが、大きな枝をたくさん切ると木に大きな負担がかかるので、時期によって調節することが大切です。

▼切り戻し剪定
切り戻し剪定とは、枝を根元からではなく途中から切る方法です。枝の伸び方や大きさを調整したいときに用いる剪定で、木に対するダメージも間引き剪定より小さくなります。
ただ、一度にたくさんの枝を切る場合や若い木の場合は、負担が大きくなるので注意しましょう。

▼刈り込み剪定
刈り込み剪定とは、先天の枝葉だけを切る方法です。主に生け垣を剪定する際に刈り込み剪定を行い、表面をきれいに整えることができます。
木は上部と下部で成長スピードが異なるので、バランス良く見せるには上部は深めに、下部は浅めに刈り込むのがポイントです。

▼まとめ
今回紹介した基本的な剪定方法を覚えておけば、庭木剪定を自分ですることができます。
とは言え、やはり初心者の方には難しい作業があるかもしれません。
きれいに剪定できる自信がないという方は、気軽にご相談ください。

NEW

  • の雑草対策について

    query_builder 2021/04/09
  • 木の消毒はどのように行えば良いの?

    query_builder 2021/08/01
  • 草刈りの手間をできるだけ減らしたい時は?

    query_builder 2021/07/22
  • 業者に除草してもらう時の費用はどのくらい?

    query_builder 2021/07/15
  • 除草剤を撒いても子供に害はない?

    query_builder 2021/07/08

CATEGORY

ARCHIVE