Blog&column
ブログ・コラム

剪定後の枝の処理について

query_builder 2021/04/14
コラム
3
「自分で庭木剪定したはいいけど、切った枝をどう処理していいかわからない」という方もいるのではないでしょうか。
枝の処理方法は自治体によって細かくルールが決められていることもあるので、剪定する際はきちんと枝の処理方法を把握しておく必要があります。
そこで今回は、剪定後の枝の処理方法について解説していきます。

▼自分で処理する
自分で剪定枝を処理する場合は、可燃ごみまたは粗大ごみとして扱われます。
可燃ごみであれば処理するのにお金はかかりませんが、枝の大きさや量が制限されていることもあるので注意しましょう。
収集日や収集場所は自治体によって異なるので、事前に確認して処理しましょう。
また、自分で直接ゴミ処理場に持ち込むこともできます。

剪定業者に引き取ってもらう
剪定業者であれば、剪定作業だけでなく剪定後の掃除や枝の処理までやってくれることがほとんどです。
全て一貫して任せられるので、忙しい方や自分で処理するのが面倒な方におすすめです。
また、ゴミとして処分するのではなく、リサイクルすることもできます。
リサイクルのための機械を貸し出している自治体もありますが、自分で作業するのが不安だという方は業者に依頼することも可能です。

▼まとめ
庭木剪定を自分で行う方も多いですが、剪定枝はルールに従って処分するようにしましょう。
「自分で処理するのは面倒」「自分で剪定を行うのは不安」といった方は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • の雑草対策について

    query_builder 2021/04/09
  • 木の消毒はどのように行えば良いの?

    query_builder 2021/08/01
  • 草刈りの手間をできるだけ減らしたい時は?

    query_builder 2021/07/22
  • 業者に除草してもらう時の費用はどのくらい?

    query_builder 2021/07/15
  • 除草剤を撒いても子供に害はない?

    query_builder 2021/07/08

CATEGORY

ARCHIVE