Blog&column
ブログ・コラム

適切な剪定時期について

query_builder 2021/04/11
コラム
2
剪定に適した時期と適していない時期があるのをご存知ですか?
また、剪定時期は木の種類によっても異なります。
庭木を育てるうえで剪定は欠かせない作業で、基本的に毎年行うものなので、適切な剪定時期を知っておく必要があります。
そこで今回は、基本的な剪定時期について解説していきます。

▼基本的な剪定時期
剪定は、基本的に毎年夏と冬に行うのが理想的です。また、夏と冬では剪定の方法が異なり、2回行うことで1年を通して美しい庭木を保つことができます。
まず夏に行う剪定を夏剪定と言い、6月頃に行うのが一般的です。伸びすぎた枝を中心に剪定し、台風対策や害虫予防になります。
そして冬に行う剪定を冬剪定と言い、全体的な形を整えるために行います。

▼種類別の剪定時期
植木の種類によって剪定時期は異なります。
たとえばヒノキや松、杉などの常緑針葉樹の場合、基本剪定は3~5月、軽剪定は10~11月に行います。
サツキやキンモクセイ、椿などの常緑広葉樹の場合は、基本剪定は3~6月、軽剪定は8~10月です。
ただし、花芽の形成時期は木によって異なるので、花芽が形成する前に剪定するようにしましょう。
そして、モミジやハナミズキ、ヤマボウシなどの落葉広葉樹の場合は、基本剪定は12~2月、軽剪定は3・6・9・10月になります。

▼まとめ
剪定は基本的に年に2回行いますが、木の種類によって適した剪定時期は異なります。
自身の庭木剪定時期がわからないという方は、気軽に弊社にご相談ください。

NEW

  • の雑草対策について

    query_builder 2021/04/09
  • 木の消毒はどのように行えば良いの?

    query_builder 2021/08/01
  • 草刈りの手間をできるだけ減らしたい時は?

    query_builder 2021/07/22
  • 業者に除草してもらう時の費用はどのくらい?

    query_builder 2021/07/15
  • 除草剤を撒いても子供に害はない?

    query_builder 2021/07/08

CATEGORY

ARCHIVE